クラフトビールは新鮮なうちに飲む方が美味しい

クラフトビールは新鮮なうちに飲む方が美味しい

一般的に販売されているビールの賞味期限は製造日から9ヶ月ほどになっていますが、クラフトビールの場合30日から100日と賞味期限が短い場合が多いです。
これはクラフトビールの製造工程において、酵母による発酵を止めるためのろ過を行わず、酵母が生きたままでパッケージされていることが関係します。
他にも無殺菌で新鮮なうちに販売されているビールが多いため、できるだけビールを購入したら時間を置かずに新鮮な状態で飲むことが一番美味しいといわれています。
ただし全てのクラフトビールが賞味期限が短いわけではなく、中にはボトルに詰めてから賞味期限まで2年間と長期保存することができるタイプもあるので、購入時に確認することがポイントです。
クラフトビールに限らず、全てのビールは新鮮なほど造りたての味わいが楽しめることに間違いはないので、購入する際には賞味期限のチェックだけではなく製造年月日に近いものを選ぶことも重要です。

クラフトビール本来の美味しさを楽しむために重要な温度と鮮度

作り手のこだわりが感じられるクラフトビールはできるだけ美味しく飲みたいものでしょう。
そのような場合には温度と鮮度を意識しておくことをお勧めします。
一般的にビールは新鮮な状態のものを飲むほうが、古くなったものよりビール本来の良さを味わうことができます。
そのため鮮度はクラフトビールの美味しさの重要なポイントです。
とはいえ購入したビールをすぐに飲むことが出来ないことは少なくありません。
そういった場合に飲むときまで保管しておくには、気温に注意をすることが大事です。
酵母が入っているクラフトビールの場合、高温になると風味が悪くなってしまうことがあります。
酵母の種類によって活動温度が異なることがありますが、一般的には10度以上になると酵母が活動を始めます。
そして気温が30度を超えるところでは、特にクラフトビールは劣化しやすくなってしまうので注意が必要です。
美味しさを保たせながら保管するためには、冷蔵しておくのがおすすめです。

著者:小滝純一

筆者プロフィール

千葉県千葉市生まれ。
グルメ情報誌の編集者として全国各地の美味しいものを食べ歩く。
今回はクラフトビールについて記事をまとめました。