クラフトビールの意味を説明できる?クラフトビールのことがよく分かる関連情報を紹介

このサイトはクラフトビールの意味を説明できるのか分からない人にもおすすめの、ビールのことがよく分かる関連情報をご紹介しています。
小規模ビール醸造所で作られるビールは、新鮮なうちに飲む方が美味しいものが多いです。
またビールに合ったグラスを用意するのも、よりおいしく飲むためのポイントといえます。
様々なタイプがあるのが、日本や世界の小規模醸造所で作られるビールです。
きっと奥深い世界を知るきっかけになるでしょう。

クラフトビールの意味を説明できる?クラフトビールのことがよく分かる関連情報を紹介

最近よく聞くクラフトビールについて、良く分からないための関連情報が知りたいという人もいるのではないでしょうか。
一般的にクラフトビールは小規模な醸造所で作られているビールのことです。
クラフトというのは英語で、職人技や工芸を意味していますがそのような名前に相応しくビール職人が製造しています。
ビールは大きく分けてラガーとエールがありますが、大手のビールメーカーが作ることが多いラガーに対して、クラフトビールはエールが多いのが特徴です。

クラフトビールは国や土地の文化が反映している

地元でビールづくりを始める方も多く、国や土地の文化が反映していることがあります。
お酒が好きな方は、クラフトビールにも注目しながら、いろんな種類のものがあることを知り、ネット注文をするなど、まだ飲んだことがないビールを試す方もたくさんいます。
クラフトビールを楽しみたい方は、クラウドファンディングで地方の取り組みに注目することもおすすめです。
自分たち街のお酒をつくる取り組みを始めるケースもあり、設備が完成してお酒ができたときに、お礼としてビールを届けてくれるところもあります。
ビールづくりを支援することができますし、完成したビールを楽しむこともできるなど、地元の取り組みを離れている場所にいても応援することが可能です。
たくさんの方に知ってもらえるようにしたい方も多く、ネットでの情報発信に力を入れるところもあり、その街の文化を知る良いきっかけをつくることもできるため、クラウドファンディングでの応援もおすすめです。

クラフトビールのスタイルは原材料や製法で変わる

小規模な醸造所が多様な種類のビールを作り、自分だけのビールを見つけたいと考える人達から人気なのがクラフトビールです。
クラフトビールのスタイルは原材料や製法によって変わり、大手ビールメーカーとはまた違う個性的なビールを見つけることも出来ます。
 クラフトビールの原料は麦芽と呼ばれるモルトと、ホップと酵母と水そしてこの基本の原料以外に副原料と呼ばれる味の調整を行なう原料があります。
製法はまずはモルトづくりから始まり、麦汁づくりを行いながらホップなどを加える仕込みへと進みます。
その後発酵や貯酒や熟成を経て充填されたものが、出荷されていきます。
ビールのスタイルつまり種類は数多くありますが、大きくは上面発酵のエールと下面発酵のラガーに分けられます。
エールには香りが豊かという特徴があり、ラガーにはスッキリとしたのど越しという特徴があります。
ビールの種類によって味は変わってくるので、自分好みの味のクラフトビールを探してみることをおすすめします。

クラフトビールの詰め合わせは飲み比べに最適

人によっては同じように見えるクラフトビールでも香りが異なっているだけではなく、喉越しや味わいなどが違っているので好みが異なります。
自分に合っているクラフトビールを選択するには、評価や口コミを確認するだけではなく、自ら試飲などを行って判断することが効果的な方法です。
そこでクラフトビールの詰め合わせを選択すれば、気軽に飲み比べできるため、自分に合っているものを見つけやすいです。
様々なクラフトビールを気軽に飲むことができるので、このような詰め合わせは高い人気を獲得しています。
どんなメーカーが揃えられているのか異なっていますし、価格も違っているのでその点は比較しないといけないです。
初めて飲んでみたいと考えている人は、このような方法があるので前向きに検討して特に問題はありません。
飲むことによって様々な違いを見つけることができ、自分にとって美味しいビールが何なのか見極めやすくなるので重要なポイントです。

クラフトビールの保管は高温な場所や冷え過ぎる場所は避けた方がよい

これからクラフトビールを飲もうと考えている方が多くいるかと思われます。
日本で販売されている製品は無濾過・非加熱処理で出荷されているため、フレッシュな味わいを楽しむことができて人気が高くなっています。
ただ、クラフトビールには酵母が入っているため、保管するときの温度には気をつけないといけません。
パッケージに要冷蔵を書かれているものが多くあるので、その場合は5℃から10℃くらいの温度で管理することが必要です。
冷えすぎるのはダメですが、高温の場所に保管しておくことは避けてください。
温度が高いところに置いておくと酵母が活性化して、味を変化させてしまいます。
味わいだけでなく、ダンボールのようなニオイが出てしまうことが多いです。
クラフトビールの美味しさを維持するためには、管理する場所に注意することが求められます。
冷蔵庫で冷やしていたものと高温のところに置いていたものを飲み比べてみると、かなりの差があります。

著者:小滝純一

筆者プロフィール

千葉県千葉市生まれ。
グルメ情報誌の編集者として全国各地の美味しいものを食べ歩く。
今回はクラフトビールについて記事をまとめました。
クラフトビールの詰め合わせを購入